医師の転職とアルバイトの実情

医師の転職とアルバイトの実情について詳しくまとめてみました。医師が転職を考え始める年齢は、卒業して10年から14年目あたりが最も多いそうです。年齢で言うと、30代半ばから40代の始めにかけてです。この年代の医師のだいたい6割以上が転職を考えています。

医師が転職を決意する理由は様々です。最も多い理由が年収に対する不満です。次が時間的な余裕が欲しいためです。そして第3位には、意外な理由が挙げられています。思うような医療ができないためだと言うのです。おそらく、同じ診療科目でも、治療方針や患者に対するサービスなどは病院によって違いが大きいのでしょう。自分の考え方と病院の意向が一致しないこともあるでしょう。そのうちに、できるだけ価値観の合う病院で働きたいと考えるようになるのかもしれません。多くの医師が単に業務に追われているだけではなく、理想を掲げて医療に取り組んでいることが分かります。

現在の日本では、医師不足が深刻な問題になっています。医師不足を解消するためには、女性医師の離職を食い止めることが必要であると言われています。熱意とスキルがあっても、妊娠や出産をきっかけに多くの女性医師が常勤勤務を離れています。多忙な医師の仕事と子育てとを両立することが難しいからです。女性医師の働きやすい環境づくりが始められています。でも、取り組みは始まったばかりです。まだ実際に離職率を下げられるところまでは到達していないようです。

日本では医療の地域間格差が大きいです。転職の実態においても地域間に差があることが分かりました。求人数は都市部が圧倒的に多いです。また、多くの医師がアルバイトをしています。その背景には常勤の給与だけでは生活できない現実があるようです。